山梨県塩山市 確定申告

あなたの税金も安くなる!! 塩山市 確定申告マニュアル



塩山市の歴史



1872年(明治5年)、山梨県庁による大小切税法の廃止に対して起こった反対運動である大小切騒動には市域の24か村が参加し、県庁側による鎮圧後に首謀者は断罪された。1875年(明治8年)には県令藤村紫朗の主導した青梅街道(青梅往還)改修工事が行われ、従来の大菩薩峠越えに代わり新たに柳沢峠越えの新道が開発された。明治期には養蚕業が振興され、1903年(明治36年)には中央本線の塩山駅が開設されると繭市場として発展し、甲州街道勝沼宿の宿場町として栄えていた勝沼に代わり東山梨郡の中心となる。

一方で、1881年(明治14年)の林野官民有区分により萩原山が官収されると、養蚕の木材需要があり、乱伐や盗伐など人的要因により林野の荒廃が進む。1907年(明治40年)に発生した明治40年の大水害では重川流域で堤防が決壊し、甚大な被害が出た。山梨県は小作地率が高く、養蚕業によって支えられた寄生地主制が成立していたが、大正9年の霜害により起こった七里村の下於曾農民組合の闘争は全県的な小作争議に発展する。

戦後には養蚕が衰退する一方で葡萄など果樹栽培が増加したほか、大菩薩峠など自然資源や武田氏に関係する古刹や史跡など歴史的資源を利用した観光業へ移行している。


確定申告簡単動画マニュアル

 ビジネスをしていく上で、税金の基礎知識は必ず必要です。

あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』


「確定申告なんて素人には難しすぎる!」
「税金のことなんてさっぱりわからない!」
「節税ノウハウなんて、市販の本に書いてある程度だろう!」

そう思ったあなた、
あなたの考えを180度変えて見せましょう。

今まで、あなたが確定申告でつまづいていた様々な障害を排除し、
マニュアル通りに実行していただくことで、
驚くほど簡単に、確定申告書を作成させてみせます!


しかも、紙面ではなく、動画で解説していきます!
確定申告書動画解説時間は、わずか60分

確定申告の時期になったところで、税務署や商工会議所で確定申告セミナーをするものの、
やれ帳簿をつけろだの、やれ会計ソフトを使えだので、詳しい方法は誰も教えてくれません。

結局肝心なところはわからないままなのです。


重要なことは、

【できる限り手間をかけず、かつ、簡単に、税金を安くしながら確定申告書を作る】

たったこれだけなのです。



あなたの税金も安くなる!!確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』